ライセンス・オプション

OrCAD®製品のライセンスは、携帯型物理デバイス(USBドングル)、イーサネット/MACアドレス、または仮想マシン環境に固定し、運用することができます。

OrCADでは、お客様の使用条件に最適なライセンスと認証メカニズムを選択できます。学校でも、小人数の設計チームでも、多国籍企業でも、OrCAD製品を最適に使いこなすには、正しいライセンスと認証方法を選択することが重要な一歩です。

 

以下に挙げるライセンス・オプションの詳細については、こちらに(orcad-japan@cadence.com)にお問い合わせください。

 

ライセンスとロック方法のオプション
ドングル: 単一のライセンスIDを持つハードウェア認証デバイスを、コンピュータのUSBポートに接続して使用します。

 

  • ネットワーク・アドレス: コンピュータ(仮想でない)のイーサネット/MACアドレスが単一のライセンスIDとなります。
  • 仮想マシン:仮想コンピュータ環境のイーサネット/MACアドレスが単一のライセンスIDとなります。(日本国内では未対応で、今後のサポートに関しては検討中です。)
  • 評価用:有効期限のある試用版ライセンス(通常ネットワーク・アドレスに関連付けられます)
  • Evaluation: Timed trial license, usually tied to a network address
  • 学生向けバージョン: OrCAD Lite/Student版にはライセンスと認証はありません。ただし、設計の規模と複雑さの点で制限があります。
  •  

※OrCAD製品ライセンスは、WAN対応しておりません。

詳しくは、営業または技術担当者にお問い合わせください。